友人がムスッ 話さず 不快そうな顔をしている心理

友人(仲のいい人)と出かけ、その中の友人G子さんが、今まで笑顔でいたと思っていたのに、急にムスッとしてみたり、話すことをやめたり、不快そうな顔をずっとしていると思ったら、突然、皆より先に足早に前に行ってしまったり・・・。

このように、態度が急変してしまう、知り合い、友達はおられますか?
または、まさに自分にその傾向があると、ハッと気づいた方はおられますか。

今まで楽しく、皆と仲良くしていたG子、なぜ、急に態度が芳しくないものに変わってしまったのでしょうか?

明らかに、何らかの内面、心の変化が起き、それが、表情、態度として表出されていると思われます。
しかし、周囲の方は何が何だか分からず、不快な態度を取り続けるG子に、逆に不快を感じられているのではないでしょうか?

さて、問題はG子がなぜ、突然、態度が変わってしまったのか。
今までは、皆とともに仲良くしていたのに・・・。

考えられることは、G子の内面の変化です。
では、何が内面の変化を引き起こすのか、原因と思われることは、次の3つのことではないでしょうか。

1 外部からの刺激に対して不快を感じた、または、不快を感じ続けている

3 そもそもG子は、何らかの理由で参加したくなかった

2 体調の不調

1 外聞からの刺激に対して不快を感じた、または、不快を感じ続けている

私たちが外部の刺激に対して不快を感じる、または、不快を感じ続けている原因は次の2つです。

A) 自分から見える、範囲の人間の行動が不愉快

人は対社会において、人の集まる場所において、このように振る舞うべきという、自己の振る舞いの基本となるべき論を持っています。

しかし、周囲の人達が、そのべき論を逸脱した行為を取り続けると、自己のべき論に反した行為を取り続ける人達に対して、不快を感じるものです。

自分が守っている規範、ルールに反して、いるのですから、当然厳しいしい目で彼らを見ることにつながり、見続ければ、見続けるほど、不快指数が急上昇し、G子は内面の不快、怒り圧倒され、自分の周囲にいる友人等に気配りする余裕も忘れてしまい、不快な態度を表出することが抑えられず、言葉少なく、ムスッとなってしまうのです。

B) 注意過敏
人はあることに対して、(自分が不快と感じるもの)注意を向け続けると、そのことに対して、注意過敏になり、過剰反応を起こす傾向があります。
そうなると、G子の感情は、不快さから、心は動かず、無表情になる可能性があると思われます。

G子の場合、何らかの自己基準に反する行為をしている人々に対して、不快な反応を受け続け、それが、やがてそれは、様々な事を、見る、聞く、感じることに対して等にも、過敏になり、過剰な受容感覚が高まり、様々なことに注意過敏の状態になっていることも考えられます。

過敏になりますと、G子の場合を例にしますと、最初は自分の行動規範に合わない人に対して、不快を感じ続けていたのでしょうが、G子の内面の不快感が高まると、普段は何とかやり過ごすことが出来ている、外部の様々な環境反応までに対しても、注意過敏になり、さらに過敏を強化してしまうのです。

こうなると、今のG子にとって、今の自己を取り巻く世界は、不快な刺激の連続の世界であり、過敏に刺激を受け続けるG子にとっては、ここにいること、その事じたいが嫌になってしまい、態度が硬直化、無表情、ムスッとした状態になっていってしまうのです。

様々な過剰な刺激を受け入れ続け、限界に達した、G子の表出反応です。

2 そもそもG子は何らかの理由で参加したくなかった。

今回の皆の集まりに対して、G子はそもそも企画の時点から興味がない、参加したくない、嫌だったのかもしれません。
しかし、参加をしないと、今後無視されたり、仲間外れにされたり等の心配から、嫌々参加している可能性もあります。

そもそも嫌々参加しているので、最初からテンションも低く、何とかそのテンションの低さをごまかしていても、そのごまかし続けることじたいに不快と疲弊を感じ、「どうでもいいわ」という気持ちになったのかもしれません。

4 体調不良

人が今まで機嫌良くしていたのに、急に態度が変わる場合、体調不良も考えられます。
これは、心理面ではないので、私が書く範疇の記事ではないかもしれませんが。

さて、いずれにせよ、外部からの刺激に不快を感じる、または、体調不良も、それを体験している本人しか分かりません。

ですから、G子の場合、外部の刺激に不快を感じ続け、不快より気分が悪くなっているのであれば、友人に相談、訴えてもいいかもしれません。
場所やコースを変えることも、1つの解決策でしょう。

でも、根本的な問題としては、G子がなぜ、そこまで不快に感じるのか、その理由を探ったり、我慢をせず、素直に今の心理状態を訴えることも必要でしょう。

また、そもそもG子が参加したくなかった場合は、最初から気分が乗らないとか、当日でも、体調が悪い等、連絡をして、参加しなかった方が良かったかもしれません。
分けも分からず不快そうにされると、他の友人達にもその不快な気持ちが移り、本当に次回以降、お誘いがなくなってしまうかもしれません。

「参加したくない」、「行きたくない」等の正直な気持ちは、最初に伝えた方が、後々のためにも、いいのではないでしょうか。

また、体調不良の場合は、周囲の友人に、すぐに伝えましょう。
放って置くと、大変なことになるかもしれません。
我慢しないことです。