カウンセラー紹介

カウンセラー本人の写真

  • 名 前:柴田 紀 (シバタ ハジメ)
  • 誕生日:1965年1月1日
  • 出身地:大阪
  • 家 族:妻
  • 精 神:義
  • 大 事:信 縁
  • 人 生:経験と学習の場 そして創造の場
  • 理 想:心静かに穏やかに
  • 人とは:最善を尽くして生きている

カウンセラー 志望動機

私がカウンセラーを志した動機は、アダルトチルドレンをはじめ、私自身が幼児期より抱え、経験してきた様々な問題を、今後の自分の人生に活かしたいと強く想ったからです。
過去の辛い経験を、これからの人生の肯定的な意味、力にしたかったのです。
この志については、今も強く想っています。
そして、その経験とは・・・。

1 今までの人生経験
2 心理学・カウンセリング学習得心経験
3 カウンセリング臨床経験

そして、心理カウンセラーとして歩み出し、独立をして夢を叶えたあとも、様々な紆余曲折がありました。(この経験には、喜びや達成感も含まれます)。

人生で経験することが、必然で起っているのであれば、人生から経験させられた様々なことを、カウンセンリグに真摯に活かしたいと想っています。

カウンセラーの人生経験と哲学

カウウンセラーは、カウンセラーである前に人であります。

カウンセラーがどのような人生を経験して、問題に向き合ってきたか等は、カウンセラーの人生哲学(生きることに対する姿勢・思考・思考力)を形成します。
そして、カウンセラーの人生哲学は、カウンセンリグの質に大きく影響すると、私は考えています。

私が経験してきたことがすごいとか、素晴らしいとかではなく、何を経験して、どのような人生を送ってきたか、これらは、カウンセリングの質に影響し、カウンセラーの発する言葉の力に強く影響するのです。

また、自己が経験してきたことをカウンセンリグに活かすことは、その問題に対する洞察力と理解力が深く、かつ、ご相談者様のお話しされていることに対するイメージ化の促進、共感の力にもつながっていきます。

カウンセラーの経験と哲学は、ご相談者様の抱える問題の理解と解決に強く影響するのです。
(但し、傾聴を主とするカウンセリング、治療を主とするアプローチの場合は、カウンセラーの経験、哲学は、そのカウンセリングに対する影響は少ないかもしれません)

私がカウンセラーの人生経験と哲学について書いたのは、私が言語、コミュニケーションを主とするカウンセラーであり、発信するカウンセラーであるからです。

カウンセリング実績と資格

カウンセリング歴   13年
資      格   産業カウンセラー協会認定 産業カウンセラー

心理オフィス ステラ、カウンセラーのカウンセリングに対する心得

  • 1 クライエントの方のお気持ちを大切に、誠意を持ってお話しを伺います。
  • 2 問題を生じさせる根本的な原因について話し合います。
  • 3 問題に対する改善を話し合います。
  • 4 問題改善に向けて、必要に応じて心理カウンセラーとして助言、アドバイスを行います。
  • 5 今後のリスクについても、一緒に考えます。
  • 6 カウンセリングに関するご質問に対しては誠意を持ってお応えいたします。

カウンセラーの紹介と経歴

心理オフィス ステラのカウカセラーの紹介を、自己感覚として人生を4期に分けて、紹介いたします。

○体験した生き辛さ(人生を通じて)
アダルトチルドレン、機能不全家族の影響の問題、コミュニケーション力欠如、心理的ひきこもり、他人に興味がない、夢がない、決められない、社会性欠如、自信がない、23歳までの記憶の欠落、強迫性障害、仕事の違和感、適職の悩み、退職、不安神経症よりひきこもり、破産したような感覚。

○学んだこと(23歳以降)
人間関係、コミュニケーション、シンクロニシティ、直感を信じて動くこと、自己受容、自分らしく生きる、無理して人に合わせる必要はない、人生何とかなる、人との縁の大切さ。

カウンセラー略歴

○第一期 1965年1月~1988年3月
1965年1月、大阪府豊中市で生まれる。
幼児・子供時より親の養育の問題より、コミュニケーシヨン力の欠落、人間関係を築くことが出来ず、自己抑圧、心理的ひきこもり、記憶がほとんどない等、機能不全家族の問題(アダルトチルドレン)を抱え、青年期では何ひとつ楽しみのない大学時を過ごし、社会不適応者となる。
また、6歳児より強迫性障害を患う。

○第二期 1988年4月~2002年6月(23歳~37歳)
大学卒業後、大手銀行の子会社に親の紹介で就職。総合職事務管理者として期待される。
しかし、2002年6月、仕事に対する違和感、人生に対する違和感を強く抱き、37歳時、14年間の勤務期間で退職。
実はそれ以前にも何回か、プチ転職活動を行っていました。

14年間の会社経験を振り返ると、入社当時はコミュニケーション力欠如、社会性もなく、何をどう振る舞って良いのか分からず、多々辛い思いをしましたが、社会経験を積みながら、仕事を通して成長させて頂いたと思っています。また、自己努力と学習の効果もあり、幼児から抱えた心の問題はこの時点で、ほぼ解決したと思っています。(強迫性障害は除く)。
私が社会人として適応出来るよう、このステージは必要だったのでしょう。

そして、今後の夢は、心理カウンセラーとして在ること。

○第三期 2002年7月~2016年6月(37歳~51歳)
2002年12月~2003年3月
島根県、浜田市・松江市で就職支援カウンセラー・キャリアカウンセラーとして勤務。

2003年7月~2004年3月
お総菜屋で、天ぷらとコロッケを揚げるアルバイトに就く。
学んだこと、「ゴミ捨ては積極的にすること」。

2003年9月~2010年3月
就職支援のカウンセラー(非正規)として平日勤務。

2004年2月~
心理オフィス ステラを大阪市内で立ち上げ、週末のみ心理カウンセラー。
就職支援カウンセラーと両立。したがって休日は、ほぼなし。

2010年4月~
心理オフィス ステラのみで生計を建てる。
退職時願った、心理カウンセラーとして在ること、夢を叶えた。

2013年、48歳。徐々に調子が悪くなる。
自己存在に違和感を感じはじめる。
更年期障害(男性にも更年期障害はあります)の影響か、不安神経症を発症したのか、常に不安のみを全身で感じ続け、動けなくなり、半年以上ひきこもる。大阪市内のルームは維持することが出来ず放棄。
借金はしていないが、預金も減り、自分の中では破産した感じ。

2014年7月
縁ある人と出会い。東大阪市内で心理オフィス ステラ 再開。
しかし、その後も、自分ではコントロール出来ないことに振り回され、高ストレスより調子が悪くなることも多々あり、仕事は休みがちになる。

○第四期 51歳 2016年7月~
ほぼ、回復。
カウンセリングのコンセプトを、「自分らしく生きる」と決定。
どのような時でも、人と比較することなく、「自分らしく在り」、「自分らしく生きる」ことが大切であると悟った感覚。再スタート。
そして、自分を取り戻す。

カウンセラーのさらなる詳細は、ご興味御座いましたら、 私についてをお読みください。