人生を開くため 情報 時 場 縁

私たちが自分の人生が開きつつある、または、いよいよこれからスータトする感覚等(例えば、就職活動中の方が意中の会社より内定を頂いた、何らかの創作活動をしている人が作品を認められた等)、前向きな気持ちになれる時、自信や自己肯定感も溢れる時、それは1つの結果、現象が生じて、私たちを前向きな気持ちにさせるのでしょうが、その、結果、現象を生じさせるためには、何が必要なのでしょうか。

さて、結果(現象も含む)を出すためには、その方の努力も多々あるでしょう。
でも、その努力も認められなければ、開花することはありません。

では、努力が認められるためには、何をするか。
それは、努力の継続です。
そして、努力を継続して外に向かって打ち出す、(例えば、企業から内定を得るため、諦めることなく何社も受け続ける)、これまた努力でしょう。
外に向かって打ち出さないと、人の目に触れることはないのです。
(内定を得るためには、面接官と会い続ける)

これら、一連の流れをチャレンジと言ってもいいでしょう。

そして、チャレンジする努力を支えているものは何か、夢を実現したいという強い想いか、諦めない根性なのか、人によって様々かもしれません。

いずれにせよ、そこには大きな動機があるのでしょう。

具体的に書きますと、就職活動中の方が内定を取るためには、今までの勉強の成果、事前の対策努力(応募書類、面接対策)も必要でしょう。そして、面接という場、外に向かって自分を打ちだす努力も必要です。
すぐに内定は取れないかもしれません(これは時代によって違いますが)、落ちてもまたすぐに新たな会社に応募する。

結果を出すまで諦めない、努力と継続が必要です。

現実感覚で捉えると、努力と継続。

しかし、実際に企業から内定を得るためには、それ以外、情報、時、場、縁も必要でしょう。

具体的には、企業面接等の情報を適切な時に得ること(情報、時)、そして、面接の情報に関しては、他者からもたらされることもあります(縁)。

また、その面接の場が自宅から遠すぎると、面接に行けなくなり諦める事もあるでしょう。
さらに、面接当日、他の面接が入っており、次の面接の場に行くには距離があり、間に合わない。
これは、場が影響しています。

また、面接においては、面接官との相性も大切でしょう。
これも、縁なのです。
そして、内定。

したがって、努力と継続以外に、情報(自力で得るか縁・他者を通して得る)、時、場、縁(面接官との縁)、が必要となってくるのです。

次の例。
無名の芸術家が、はじめての作品(今までにない革新的なもの)を創作、これが取材され認められ、スポットライト浴び、時の人となる経緯を考えても、同じことが言えます。

まず、スポットライトを浴びるのは芸術家本人ですが、その為には、スポットライトを浴びせる方が必要です。
これは、取材される、という言葉に置き換えられます。

では、無名の芸術家はなぜ幸運にも取材を受けることが出来たのか。
おそらく、取材をする側が、どこからかの口コミ、知り合いの話し等、情報をいち早く、受信出来たのでしょう。

芸術家の側からすると、作品完成に対する、努力と継続は当然要しましたが、
芸術家の作品を取材した方との縁。
ちょうど、作品が完成時であった時。(時が合うわければ、取材はされなかったかもしれません)。
また、取材には便利な大都市で活動していたこと。場所。
(おそらく地方の田舎では、芸術家の活動は口こみにもならず、知られることもなく、取材も訪れなかったかもしれません)。

情報、場所、時、縁。
すべてが揃っています。

これらが揃って、芸術家はスポットライトを浴びるのですが、これは、努力と継続を超えた、運ではないかと、私は思います。

話しを前述の就職活動に戻しますが、数年前私は中高年の再就職支援活動をされている方に話しを伺ったことがあります。
私は「今の中高年の雇用に対する厳しい状況の中、内定を取られる方は、どのような方ですか」と、漠然とした質問をしたのですが、再就職支援活動をされている方は、「もちろん本人の努力もあるのですが、運です」と言われたことが、印象に残っています。

運。

人生が開花する時、スポットライトを浴びる時、それは、一方通行ではなく、他者のお世話になることも多々あるでしょう。
現実には、自分1人で人生を開花させることは難しいと想います。
そこには、他者からの評価が必要だからです。
(そして、出会いによる縁 そして運)

したがって、努力と継続以外、運が必要なのでしょう。

以前私は、想いが現実を創ると思っていました。
今でも、そう思うのですが、

自分の夢、理想を現実にしたい、この想いが強ければ、運も味方につくのでしょうか?
どれだけ努力と継続して、強く想っても、叶わぬ夢があるとすれば、
それは、「運」の問題なのでしょうか。

そして、運は情報、時、場、縁に大きく影響されています。

(例:友人からの情報がなければ、あの時、あの場に行っておらず、生涯の師と呼べる人には出会わなかったであろう・・・。
その師匠の指導の基、彼は大成した)。

運が夢、理想の現実化の差を分けるのでしょうか?

もしそうであるなら、運を上げる、呼び込むにはどうすれば良いのでしょうか?

以前もご紹介したこともあるかもしれませんが、
1冊の本

わかった!運がよくなるコツ
浅見 帆帆子著 廣済堂刊

この本に、ヒントがあるように思えてなりません。