助けてと言えることは生きる力

自分が困った状況の時
四方が塞がり、どうにも、動けない時
逃げ出したい空間に居る時
心理的に辛い時

このような時に
助けてくださいと、素直に助けを求めることを出来る人が、身近におられますか?

Index
1 助けを求めることは恥ではない
2 素直に助けを求める大切さ

1 助けを求めることは恥ではない

助けを求めることが出来る人は、生きる力があると、私は思っています。

助けを求めることが出来る人は、悩みを1人で抱え込まず、問題解決に対して、応援して頂ける人がおられるので、心強くもあるでしょう。

助けてください。
この言葉は恥ではありません。

誰でも困っている時は、助けを求めるものなのです。
それが、健全な社会において生きる在り方であると私は思います。

そして、自分が助けられ、困難な状況から出ることが出来たならば
次は、困っている人を助ければいいのです。
エネルギーの循環です。

助けてくださいを言えず
1人で悩み込むと、思考の幅も狭まり、視野も狭まり
可能性を見出すことが出来ません。

人生が封鎖される感覚、希望も出てこないてじょう。

2 素直に助けを求める大切さ

大切なことは、1人でもいいから
何かあった時に、助けてください、と言える

信頼出来る人とつながっておくことです。

しかし、あなたは言うかもしれません。
「信頼出来る人なんていない」と・・・。

もしそうなら、あなたは、
人に対して率直に自分の気持ちを、オープンに話したことがあるのでしょうか?
また、何人の方に自分の身の上、悩みを話されたのだろうか?

もしかしたら、誰かに自分の話しをして傷ついた経験があるのかもしれません。

しかし、世の中の人すべてが、傷つける人ばかりではありません。

あなたのことを理解して、応援してくれる人はきっといます。

自分の抱えている悩み、困難を率直に素直に話す。
人は率直に素直に話す人には、好感を抱き、何とか力になってあげようと思うものです。
これは、人情でしょう。

助けを求める対象は、個人だけではなく、団体でもいいのです。
とにかく、行動範囲を広げ、あなたのことを理解してくれる人を探し続けましょう。

きっと出会えます。

「助けて」と言えることは、生きる力です。
生きたいからこそ、助けてくださいと発信するのです。

「助けてください」と言えることは、あなたの強い生存本能の現れであり、
必ず、応援、助けてくれる人は現れます。
希望を失わず、焦らずに・・・。

関連記事