過去の栄光に執着すると自分を破壊すこともある

人とは、一度は、成功、達成した、自分の理想、夢、想っていたことが出来なくなってきますと、まずは、頑張って、頑張って、もとの状態へと立て直しを図ろうとするものです。

そして、復活と安定を目指そうとするでしょう。

しかし、復活と安定を目指す途中においては、焦りから様々な失敗を繰り返すこともあり、さらに、焦り、怒りから健康の問題等も生じ、どれだけ努力しても復活を果たすことが出来ない時もあります。

この時、人によっては徹底的に出来ない自分を、残酷まで責め倒すこともあるでしょう。

昔、出来たことがなぜ出来ない。
自分はバカだ。
もう、終わりだ。

そして、過去と同じように、様々な理由から、同じ仕事で、同様の活躍をすることは無理と分かっていながらも、やはりそこに執着、固着して、さらに何とかしようと努力を重ね、無理を重ね、出来ない自分をますます責めてしまう時があります。

復活を目指して、お金も、体力も使い果たして、後戻り出来ない程の苦しみを味わい続けることもあるでしょう。

さらに、出来ない自分をますます責め続け、最後は自己破壊、自分を破壊するために、大酒やドラッグに手を出すかもしれません。

でも、なぜ、ここまで、自分を責めるのでしょうか?

そこには、過去、自分が成し得た、誇りと栄光があるのでしょうか?
その成し得た、誇りと栄光に、こだわり続けているのでしょうか?

過去の誇りと栄光にこだわり続けると、以下のような心理にもなります。

例えば、自分が作った会社が倒産。
どれだけ、頑張っても再興は叶わず、生きるためには、他の仕事をするしかない。
その仕事は望まない仕事かもしれませんが、お金を稼ぐためには、その仕事に就くしかない。

しかし、自分には過去の誇りと栄光がある。
今さら、他職に就いて何になる。
挫折にまみれた人生等、生きるに値しないと思われるかもしれません。

まして、子供等、育児における責任、守るべき対象がいなければ、もう人生は終わった等思い、自暴自棄はさらに加速する可能性もあるでしょう。

でも、私たちは、今を生きています。

過去、どけだけの素晴らしい結果を出しても、それは過去のものです。

過去と同じ結果を出せないから、復活出来ないからといって、自分を責め続けてしまって、自暴自棄、自己破壊へ向かっては、いずれは、到来するかもしれない、復活へのチャンスを掴めないかもしれません。

今の状態が最悪と思っても、2年~3年後の未来の状態は分かりません。

それに、過去の栄光と誇りに満ちた状態に戻るだけが、生きる道ではないようにも思います。
過去の経験、結果を得るために行ったきたこと、知恵と知識を、他の生きる道、仕事に転換出来ないのでしょうか?

もちろん、人に頭を下げて、お願いしなければならない時もあるでしょう。

それは、屈辱でしょうか?

例え、一時の屈辱でも、自己の人生が良いように再回転すれば、一時の過去のこと。

過去の栄光と誇りにすがり、これが出来なければ自分じゃないと、思えば思い込む程、自分を徹底的に責め、情けない気持ち絶望感、自分を破壊へと導いてしまいます。

過去の自分が、連続体としての今の自分で在って欲しいというお気持ちは分かりますが、時は進みます。

ずっと、ベストの常態が続けばいいという理想は、分かりますが、それは難しいことです。

周りを見てください。
新しい店舗、企業が出店、起業されても、様々な要因から、すぐに、退去、倒産する場合もあります。

この事実から考えると、一度成功したあなたは、素晴らしい才をお持ちの方と思います。

過去の栄光と誇りだけが、自分の人生のすべてではなく、人生には様々な分岐点があること。

また、人生の価値観、視点を変えて、新しい何かにチャレンジ、そして、以前は仕事一辺倒で味わえなかったであろう、幸せさえ、感覚的に分かる時も来る。

人生、前向きに、とまでは書きませんが

これは、本当にそうなのです。

そのためには、過去の自分の価値観等との決別も必要かもしれません。
過去の執着を手放してこそ、人は人生、仕事、その他様々なことに、再チャレンジ出来るのです。

自由になれるのです。

そして、私たちは、長い寿命を持っているのですから。
人生をある思いに縛られず、自由に生きた方が楽なのです。
加齢とともに、出来なくなることも多々あります。

ですから、あまり自分を責めず、自暴自棄、自己破壊に走らないでください。

単純に書きますが、潰れたと思える人生は、形を変えて、再創造すればいいのです。

また、新しい希望も見つかるかもしれません。

そして、その為には、新しい自分になること。