主体的な決断に基づく人生の変化を恐れないこと

私たちが今の生活、生き方、人生に日々不満を感じる時、多くの人は、その不満な状態から、もう少し、生きやすい状態に変わりたいと思うものではないでしょうか。

今回は「主体的な決断に基づく人生の変化を恐れないこと」について書きたいと思います。

人は様々なことで悩み、不満、辛さを感じるものです。

人間関係、夫婦関係、親子関係、職場における上司からのパワハラ、親の介護、様々な依存症、借金、仕事を変える(転職・独立)等々。

これらの悩みにおいては、自分自身の「主体的な決断に基づき人生を変えられる」ものもあれば、自分と他者との関係性の問題より、自分1人の決断では解決出来ない問題、また、上司からのパワハラ等、自分には全く責任がなく問題解決が難しい問題があると思います。

しかし、今回の記事テーマは、「主体的な決断に基づく人生の変化を恐れないこと」ですので、この1点に絞って、記事を書き進めたいと思います。

自分の人生を変化させることは、誰にでも恐れがつきものであると思います。

そこには、不平、不満の日々の連続があったとしても、その日々を続けることに、何らかの「利」を、そこから得ているはずなのです。

例えば、夫婦仲が悪く、離婚したい妻の場合。
夫が稼ぐ給与、お金、経済利得の「利」があり、離婚に踏み込めない場合もあるでしょう。
⇒もちろん、夫が失職すれば、利得はなくなり、さっさと別れを選ぶかもしれませんが。

仕事の不満。ここにも、その仕事から得ている経済的利得があります。
そして、仕事をやめた後、お金はどうなるのか、生活に対する不安もあるでしょう。
そんなに簡単に転職、自営、起業と、決断出来るものではありません。

私たちは資本主義の社会に生きています。
資本主義において、その「威」、「力」を発揮するのが、お金です。
資本主義において、お金とは、命と同等なのだと、捉えることも可能です。
(もしくは、命をつなぐために、お金は必須であると、考えても良いでしょう)。

しかし、そのために、望まない、不満、不平、辛い生活をし続けるのも、いかがなものなのでしょうか。
一抹の疑問を感じます。

生きるためには、お金が必要。
そのためには、感情を抑圧して、現状を選択。

でも、もし、自分のやりたいこと、チャレンジしたいことがみつかったら。
また、それらを見つけるために、旅に出たいと思う気持ちが強くなったとしたら。

人生は一度きり。

主体的な決断に基づく人生の変化を恐れないこと。
この言葉が、心の内に活性化するかもしれません。

今の収入源を捨て、生活の安定を捨て、新しいチャレンジに乗り出す。
相当な勇気が必要です。

私は過去、HPで書きました。

あなたは冒険をすることにより、しばらく自分の足場を失うかもしれない。
しかし冒険をしないと、人生を失うかもしれない。(キルケゴール)

そして、次の言葉も書きました。

不安を避けて、不幸を選択する。

幸運の女神は前髪しかないといわれています。

恐れを手放さなければ、前進出来ない。

もし、自分の人生を変えたければ、主体的な決断に基づき人生を変えたければ、恐れを手放すことです。

いますぐ、現状を変える必要はありません。
十分、周到に準備もしましょう。

情報を得、人とのつながりを深め、時が満ちたと感じた、その瞬間。
行動へ移すのも1つです。

但し、自己の主体的な決断に基づき、人生の変化を進める。
もしかすると、それは、望まぬ変化をもたらすかもしれません。

しかし、その、望まぬ変化、歓迎しない変化。
「こんなはずではなかった」という想いを伴う変化の先に

あなたの真に、望んでいる人生の在り方、変化が待っているかもしれません。

人は中年を超え(人生の午後)を超え、人生の最期を迎えるまで、何を自分が本当に目指していたのか、分からない時も多々あるような気がします。
ただ、社会に合わしていただけの人生なのだろうか、虚しさを感じられる方もおられるかもしれません。
それでも、昔は、終身雇用、年功序列。
年金もそれなりに豊かであり、老後は貯蓄と年金で、それなりの生活が出来た時代。
実際にお金がなければ、楽しむことも半減するかもしれません。
それなりに、お金があるので、まぁいいかと、虚しさを伴う感情も、思考の合理化で納得出来たことでしょう。

しかし、今の時代は、資本主義、お金が物を言う時代ではありますが、企業が社員を守る考えは、薄れつつあります。

不平、不満の現状維持、我慢の先に、人生の安定があり、それが一番と思われる方もおられるでしょうが。
一寸先は闇。
今は中高年のひきこもりが問題になっている時代でもあります。

社会、お金に対する価値観を変える時代に入っているのかもしれません。

こんな時代だからこそ、人によっては、チャレンジ、冒険、夢が人生だと、断言される方も増えているかもしれません。

人生をどう捉えるかは、人様々。

主体的な決断に基づく人生の変化を恐れないこと。

私が最後にお伝えしたいこと。

人生に成功も失敗もない。
勝ち組も負け組もない。
価値判断はしないこと。

誰にでも何かは起こる。
未来は予測不能。
今の安定も破壊される可能性はある。

また、必ずしも理想、夢が実現するとは限らない。
しかし、その決断に基づく歩みの中に、次へのチャンスが待っているかもしれません。
動かなければ、何も分からないのです。
経験以外より、私たちは学ぶことが出来ないのです。

どうか、納得出来る人生をおくってください。
そのためには、主体的に人生を変える決断を要すること、そのタイミングを感じること、動くタイミングを待つことも必要でしょう。

「主体的な決断に基づく人生の変化を恐れないこと」、これは、言葉を変えれば、人生の流れを変えると書いてもいいでしょう。

そして、経験した人生の全ての、思いが、あなたの、人生の資産となるのです。

お金以外の、人の資産について、改めて書きます。
・健康
・時間
・人間関係
・経験した人生 その全てに対する記憶と思い