理想・使命感の強さ 他者排除と孤独

人は自分が「何のために生まれてきたのだ」という疑問意識から、考え抜き、ある理想、使命感を抱き、自分の理想、使命を叶える為、熱い情熱をお持ちの方も多々おられることでしょう。

特に若い方は、顕著に多いかもしれません。

しかし、この際、注意すべきことがあります。
理想の実現、強い使命感を抱く、情熱溢れる方に向けてのメッセージです。

抱く理想と使命感の情熱より 他者を排除する傾向について

自分の理想、使命、それに基づく社会をつくりたい、理想を叶える働き方をしたい等、その夢、お気持ちは分かります。

しかし、あまりにも、自己の理想の現実化にこだわると、その理想からはずれた人、具体的には、その抱く理想から、かけ離れた考え方の人、また、その理想から、かけ離れた行動を取る人に対して、心理面において許容出来ない時が出てきます。

そして、その許容出来ない心理が、その理想に反する、また、理解出来ないと思われる他者を敵視、無視、排除しようとする傾向が生じる時があります。

さて、人が理想、使命感を持ち、その現実化に向かって、努力することは素晴らしいことだと思います。

しかし、同時に他者は他者なりに、自己の理想を持ち、行動する権利があります。
また、なかには、特段、理想を持たず、今を楽しく生きればいいと考えておられる方もいらっしゃることでしょう。

しかし、自己の理想の現実化に対する熱い人。
その熱い情熱のあまり、違いを違いと認められず、自己の理想と違う理想、意見、行動等を取る方を、敵視、意味のない人生をおくる者達等、情熱の強さのあまり、視野が狭くなり、彼らを排除志向(軽蔑、侮蔑、無視等の行動)へ駆り立てる傾向には注意が必要です。

若く、自己の理想にこだわることは、強いエネルギーの発揮、行動の面において、素晴らしいことです。
でも、皆、人は自由に生きる権利を持っているのです。

理想・使命感が現実化しない時の失望と孤独 そして・・・

さて、高い理想、使命感を抱く方も、やがて年を重ねるごとに、理想、使命を叶えられず、理想、使命への想いが強い程、失望感を強く増していくかもしれません。

この時、熱い理想、使命感を持ち、行動し続けた方は、失望と同時に、孤独を感じるかもしれません。
また、今までの自己の理想を理解されないことよりの、他者排除傾向のため、すでに1人ぼっちの感覚をお持ちかもしれません。

それは、社会生活をおくるにおいて、他者の会話、行動等を見るにつけ、自分の抱く理想とは、全く違う行動を取る人が多々いることを認識、また会話等においても、自己の抱く理想を軽視されることもあったりと、自分の理想の現実化の難しさ、理解されない儚さを体感、失望され、結局自分は何なのだと、孤独感さへ招いてしまうのです。

高く掲げた理想や使命は、失望や孤独へと変わることも多々あるのです。
それは、今の社会、人の在り方、現実感覚を強く認識した時でしょう。
そして、自己の非力さを実感した時でしょう。

そして、その後、現実と自己の理想の乖離を知った後の、行動が大切になります。

すなわち、現実を知り、自己の無力さを知り、理想、使命感を放棄するか。

そして、理想を放棄した後、自暴自棄(人生を諦め酒浸りになってしまう等)になってしまうことが、私の憂いであり、また、理想、使命を現実化出来なかった社会に対する敵意から、こんな社会は破壊してしまえとばかり攻撃、実際に人々への排除行為を行うと、取り返しのつかないことになります。

そうではなく、現実を知り、現実を受け入れ、自分の理想とはかけ離れた社会に生き、自分の抱く理想とはかけ離れている人々が多々いることも受け入れ、許容心、寛容性を増し、そのうえで、自己の抱く理想、使命の現実化に、再度臨むのか。

理想、使命に対する道が分かれるのです。

どちらが、正しい選択か否かは、誰にも決められません。
酒浸りになるのも、再度理想の実現にチャレンジするのも、その人の選択権の範疇だからです。
(但し、理想を放棄。社会破壊や、他者を攻撃することは許されません)。

でも、書かせて頂くとすれば、若い時抱いていた理想や使命、これらを現実社会・感覚と融合させ、焦ることなく、時間をかけ、仲間を増やし、ひとつの旗を掲げ、分かち合える仲間と協力しながら、夢を諦めず、前進して欲しいなぁと思います。

特に若い方は、時間があるのですから・・・。

そして、年を重ねても、高い理想をお持ちの方は、気持ちの若さは残っておられるでしょう。
それが、前進するエネルギーなのです。