2人のぼんぼんの不満

ぼんぼんと書くと、甘ったれて育てられた、わがままし放題、苦労を知らない、欲しい物は何でも与えられてきた。
このような人達と、その成育背景を想い絵描かれるかもしれません。

確かに、その、側面もあるでしょう。
では、本ページにおいて、2つのぼんぼんの例を紹介したいと思います。

1 好き放題 甘やかされ育てられた

子供が親から何でもしてもらい、子供の好き放題、わがまま放題に育つ、裕福な家庭もあるでしょう。

親が子供の言いなりになり、常に子供の要求を満たす、親が子供の奴隷のような存在なのかもしれません。

このような家庭で育った子供は、欲求不満への対処力、我慢する能力の獲得に失敗します。
したがって、常に自分勝手に振る舞ったり、自分の望みが叶えられないと、暴れてみたり、自己の欲求を満たすためなら、人の迷惑を顧みず、何をしでかすか分かりません。

欲しい物に対して自己対処能力を学べないことは、社会で生きていくうえで悲劇をもたらすこともあります。

また、甘い考えから、すぐに儲け話にのってみたり、大金を失うこともあるでしょう。

親の1つの責任は、子供の社会への適応力を育む、社会規範、ルールを順守することを学ばせることが大切だと思いますが、親が子供の言いなりになっていたのでは、どうしようもありません。

子供の欲求は天井知らずに膨れ上がり、親は家の資産、経済の持つ限り、子供の要求に応え、与え続けるのかもしれません。

私は、子供は苦労すべきとか、そんなことはまったく考えていません。

ただ、人としていかに在るか、この1点のみです。
そして、この土台を形成するのは、まずは、親ではないでしょうか?

特に経済に余裕があり、何でも買い与え、我慢、忍耐を培うことを伝えないと、子供が大人になった時、自分勝手、好き放題、根拠のない万能感に生き、社会不適応になりかねません。

2 経済的には不自由していないが 親のいいなり

さて、経済的な不自由はなく、それなりに欲しい物を親から与えられており、見るからにぼんぼんの不満とは、どのようなものがあるでしょうか?
上述のぼんぼんとあまり変わらないように思われるかもしれませんが、成育歴は絶対的に違います。

彼らは、物をいろいろと買い揃えてもらっており、生活も当然困窮してはいません。

親にそれだけの経済力があるのでしょう。
親にそれだけの経済力があるということは、親はそれなりの企業勤め・起業されて成功しておられるのではないでしょうか?

経済的、社会的に成功したと自負する親の中には、自分の子供にも、同じように経済力、社会的成功をして欲しいと、望まれる場合も少なくありません。

そうなると、子供に対する勉強成績、学歴への期待も高くなり、本来、子供がしたいことを封じて、親の高い期待を満たすために、強制的に延々と、勉強、勉強と言い続けます。
しかし、子供は本来したいことが出来ない状態になり、高ストレスの状態が続くことになります。

強い、欲求不満の状態に子供時から置かれた子供は、常に自分のやりたいこと等、親に邪魔をされ続け、大人になって、親が干渉をすることがなくなっても、慢性的な欲求不満の心理状態抱えことになることもあります。

子供時から続く、欲求不満の状態を抱えて大人になりますと、心が常に欲求不満、現状になかなか満足せず、些細なことにも敏感に反応して、不満を表明することもあります。

甘やかされ育った、天井知らずの欲求不満とは違い、とにかく、常に不満な心の状態なのです。
慢性的な不満感を親に植え付けられた、その結果、常に心は不満足、不満足ゆえに自分でも、勝手なことを要求していると認識しながらも、心の不満は満たされることはなく、他者からどれだけ、何かをしてもらっても、なかなか感謝出来ない心になってしまうのです。

延々と続く不満状態に陥ると、感謝の気持ちさえ、養えず、してもらって、当たり前と、感じるようになってしまうこともあるのです。

してもらって当たり前の心理的背景には、自分がこれだけ我慢して抑圧して生きていたのだから、当然の代償と受け止める人もいることでしょう。

しかし、この感覚は親子関係ではOKでも、他者との関係によっては、軋轢を生じることでしょう。