巡ってきたチャンスを掴むより優先すべきことがある

私は人生のチャンスが巡ってきたと思った時には、迷わずにチャンスを掴んだほうが良いと思っています。

それは、チャンスは訪れてきてはすぐに去ってしまうからです。
また、掴みそこなったチャンスは2度と訪れてこないかもしれないからです。

しかし、チャンスを掴みたいのだけれども、他に優先すべきことがある場合はどうでしょうか。

Index
1 目先の欲ではなく、今、仕えている仕事に仕え切ることは人格波動を上げる
2 私の体験した、巡ってきたチャンスより、今の仕事に仕え切ることを選択した話し

1 目先の欲ではなく、今、仕えている仕事に仕え切ることは人格波動を上げる

例えば新しい大きな仕事の依頼がきたのだけれども、今契約している仕事が残り2ヶ月ある場合です。
(新しい仕事の勤務は1週間後です)

残り2ヶ月の契約責任を果たす限り、今、巡ってきた新しい仕事へのチャンスを掴むことは出来ません。

こういう時は、収入やステップアップのことを考えて、新しい大きなチャンスを掴みたいと、気持ちが揺れるものです。
例え2ヶ月の契約期間が残っているとしても。

そして、契約先には迷惑をかけることを承知のうえで、残り2ヶ月の契約を破棄することを、選択することも出来るのです。

でも、私はどれだけ新しい大きなチャンスが巡ってきたとしても、契約破棄をするより、契約先に迷惑がかかるのであれば、巡ってきたチャンスは見送り、残り2ヶ月の責任を果たした方が良いと思います。

もちろん、これは自由意志の問題ですから、契約を破棄することがいけないことだと断言しているのではありません。

皆各々生計があり人生があるのですから。
何を優先すべきかは、その人の自由です。

ではこの場合、私がなぜ残り2ヶ月の契約責任を果たした方が良いと思っているのか。

そのことについて書きます。

それは、責任を果たすというこは、今の仕事に仕え切るということだからです。

人は今、仕えていることに、正しい姿勢で仕えることによって、波動を上げ、人格を上げることが出来ます。

欲を優先して、新しいチャンスを掴むより、事に仕え切り、波動・人格を上げる方が、人生においては、大切だと私は思っているのです。

実際に次のようなことがありました。

2 私の体験した、巡ってきたチャンスより、今の仕事に仕え切ることを選択した話し

今、勤務している若年者求職センタ-(仮称:委託契約)は、2003年11月より勤務。
当初は2004年3月末までの委託契約で、その後の更新の有無は確定していませんでした。。

このような先の不安を抱いていた2003年1月末、ある派遣会社から、大学での就職支援カウンセラ-の仕事の打診があったのです。

大学の就職支援カウンセラーの仕事に就くのであれば2月から、最長3年間勤務の保証ということでした。

私はこの新しい仕事の話しがきた時、今の若年者求職センタ-の仕事に対して、契約途中ですが契約を打ち切って、新しい大学の仕事に就こうと一旦は決めました。

しかし、あるクライエントと方との出会いから決心を変えました。

「カウンセラ-として今勤務しているが、何を持ってカウンセラ-として勤務しているのか。クライエントに何を伝えるのか」。

このようなことを考えさせられました。

すると、契約途中で仕事を投げ出すことはカウンセラ-として、人を導く者としてはおかしいと思えてきたのです。
そして、大学の派遣の仕事は断りました。

当時は事に仕える、波動を上げるという意識はまったくありませんでしたが、正しい選択をしたと思っています。

なぜなら、その後、若年者求職センタ-の仕事延長が決まり、今に至るまで5年間勤務しているからです。

あの時、私が新しいチャンスがきたと思い大学の就職支援を仕事を掴んでいたとしたら、3年後はどうなっていたでしょうか?

果たすべきこと、事に仕えることを選択して、波動が上がったことにより、より良い条件で就労出来る、若年者求職センタ-の仕事の継続を掴めたのかもしれません。

目先の収入のために新しい仕事を選ぶのか、今仕えている仕事に正しい姿勢で仕えきるのか。

これは収入だけではなく、波動、人格にかかわる重要な選択なのです。

関連記事