何でも人のせいにする人 常に親に責められた可能性

何か自分にとって不都合なことが起こると
その原因を客観的に分析することなく
誰かのせい、誰かの責任にする傾向が高い人とは
どのような心理なのでしょう。(責任転嫁)

Index
1 何でも人のせいにする人の心理
2 親に何でもあなたの責任と責め続けられてきた可能性
3 何でも人のせいにする人には客観的な思考力が必要

1 何でも人のせいにする人の心理

何でも人のせいにしてしまう人。

何でも人のせいにして、人を責めることは、自分を振り返る能力、及び、自己反省能力が低いと考えられます。

すなわち、自分を振り返り、自分にも問題、原因があるのではと考えること。
そして、自分を改善していく。

しかし、自分を振り返ることがない人は、自分の問題点を見つけることが出来ず、自己成長の機会を失ってしまうのです。

また、何でも人のせいにする人は、人をコントロールして支配する傾向があります。

それは、「あなたのために辛い思いをするのは嫌だ」
「あなたがこのような事をするから、私が苦しい思いをしている」
等々。

本当は自分に問題や原因があるかもしれませんが、
自分の責任とは考えにくく、人のせいにする。

自分の抱く感情は自分の責任なのですが、人のせいにしてしまいます。
なぜ、自分がこの嫌な感情を持たなければならないのか。
自分がこの嫌な感情を持ったのは相手の言動の責任だ。
そして、相手を責めます。

また、起こった結果の責任は、自分にも関係があるのですが、全てを人の責任とします。
これは、自分は悪くないという主張であり、相手の責任であると責め続けるのです。

しかし、なぜ、このような行動、心理になるのでしょうか。

2 親に何でもあなたの責任と責め続けられてきた可能性

何でも人にせいにすれば楽です。

自分が楽をしたいと無意識的な思いから、何でも人の責任とするのでしょうか?
それとも、生まれ持った気質、性格要因でしょうか?

次のことが考えられます。

何でも人のせいにする人は。成育歴において、親より何でも自分が悪いと思い込む経験をし続けた。
端的に書くと、親から「お前のせいで・・・」と親から言われ続けた。

そして、自分が悪い、自分の存在が悪いと、いったんは思い続けてきましたが
それでは、自分が自分を責め続け、抑うつ状態になります。

そこで、心理的バランスを取るために、自己防衛が働き、成長とともに、悪いのは自分ではなく人だ。
自分は悪くなく、「私は正しい」のだ。
この思いを強化発展させることになった。

または、親同士の「あなたのせいで・・・」、「お前が悪い」等の言動を見て、聞かされ続けてきた。
この人生態度、人間関係を学習した。
何でも相手の責任にすればいいのだと、親の在り方から学習したのです。

その結果、何でも人のせいにする責任転嫁の心理になってしまった。

3 何でも人のせいにする人には客観的な思考力が必要

何でも人のせいにする人。

自分に問題、原因があるのではなく、自分に接する人、自分に関係がある人に原因があると責任転嫁をします。、
それは、自分を守るためでもあります。
常に親より責めつづられた結果、これ以上、責められたくないという思いが強いのでしょう。

または、親の態度より学習した結果。
責任に対して、その責任を擦り付け合う、人生態度を親より学んだのです。
または、無意識に刷り込まれた結果なのかもしれません。

しかし、このように考えると
何でも人のせいにする人は
幼児期、子供時、辛い家庭環境に居続けたことが理解出来ます。

そして、何でも人のせいにする人が回復するためには
自分を振り返り、
自分の思考のクセを捉え
客観的な思考能力を身に付け
自分を意識的に変えていく作業が必要となってきます。

すなわち、その問題は、自分の問題ではないのかと、疑問意識を常に持つこと。

自分にも原因があるのではないかと考える。

この思考力です。

思考力を培うために、心理カウンセリングを受けるのも1つの手段です。

関連記事