父の子育てに協力しない心理

今は「イクメン」の時代、父親が子育てに協力せず、母親に子育てを任せっぱなしということは、少なくなってきていると思います。

しかし、今でも子育てに参加しない父親もいるかもしれません。
今でもその傾向の父親がいるとすれば、その理由は何でしょうか。

Index
1 仕事が忙しすぎる
2 仕事中毒 ワーカーホリック
3 家庭がストレス
4 家庭家族の問題を見ない
5 子育てに興味がない 自分が遊びたい

1 仕事が忙しすぎる

日本は未だ、男性を主とした会社組織が多いと思います。
男性は重要な働き手であり、仕事量が立場、役割によっては偏ることも多く、その結果、帰宅時間も遅くなり、子供の寝顔しか見ることが出来ず、子育てに協力、参加しようにも、参加出来ない場合があります。

2 仕事中毒

中毒、または依存という言葉を使えると思います。

自分の価値が仕事を通してしか感じられない、組織において昇格することにおいてのみ、自己の価値が上がる、組織の期待に応えることに自己価値がある等、思われている方は、仕事へのめり込み、仕事中毒、仕事依存となり、家族と居る時間が短いのではないでしょうか。(土・日も自主的に出勤する)。

金を稼いでいるのだから、文句言うなといったところでしょうか。

この場合、明らかに、家族における父親としての役割を果たす責任と、父親としての自己価値を見落としています。

3 家庭がストレス

主として妻と性格、価値観が合わず、妻の方が口が立ち、家に居づらく、家庭に居場所を感じられないと思われる場合、仕事が終わっても家に帰りづらく、飲み屋で一杯、休日も趣味の何かと出かける。

とにかく、家にいること、妻と向き合うことを避けるため、家におらず、当然、子育てにも非協力的になることがあります。

子供が可愛くないわけではないでしょうが、妻とのストレス。
また、このような家庭では、妻と子供の結びつきが強くなり、母子密着を形成。

父親の子供に対する接する場が、妻により奪われるのかもしれません。

4 家庭家族の問題を見ない

例えば、母と子供の関係に問題があり、その問題に関与したくない等。
または、子供が不登校なのは知っているが、関与したくない。
子育て、及び、家庭を放棄する場合もあるでしょう。

そして、子供の教育の責任は、母親の責任であると、スローガンを振り回します。

父親として、家族の問題に関与しない無責任、逃避。
家庭の長としての、責任を放棄しています。

5 子育てに興味がない 自分が遊びたい

父親によって、子供の父親になったことに対する自覚不足。
また、子育てに対する興味がなく、自分の時間は自分の好きに使いたい。
子育ての役割は妻に回して、自分は遊びたい。

このような未熟な心理から、子育てに協力しない父親もいると考えます。

以上、父親が子育てに非協力なケース、心理を書いてみました。

子育てに協力する時間を取れなくても子育てに参加をすることは出来る

家庭における父親の役割は非常に大きいです。
家長として、家の秩序をつくり、家庭円満を考える。

父という役割に対して、自分の性格問題に振り回されていたり、現実逃避していたのでは、何もなりません。

(長時間残業で、家に帰るのが遅く、休日も、体力回復のため、休養優先の場合は、働くこと及び、仕事・経済は大切と考えると仕方のないことかもしれませんが・・・)。

父が子育てに非協力ですと、家庭内がアンバランスとなり、また、妻との不仲は子供の成育にも影響する場合があります。

父親の役割、重要性は、ここ最近クローズアップされています。

妻に子育ては任せた、子供がこのように問題を抱えているのは、妻の教育の責任だ。
このような言葉、まかり通る時代ではありません。

子供とは、父母、協力して育てる。

子育てにおける役割分担があったとしても、妻(母)より常に子供のことを聞き、妻をねぎらう。

子育てに諸事情より、参加、協力出来ない場合でも、妻や家庭に気をつかう、これらを意識することは、大切なことではないでしょうか。

妻に気をつかう、労うことも、立派な子育てに対する協力です。

関連記事