子供が部屋の中から大声を出す問題行動

子供が部屋の中から、大声を出していると
家族様はびっくりしますよね。

では、なぜ子供は部屋の中から大声を出すのでしょうか。

(尚、このページにおける子供とは小学生、中学生をイメージしてください)。

Index
1 自分のことを分かって欲しい
2 日中、過去の怒りを発散
3 ネットゲームに熱中 興奮より

1 自分のことを分かって欲しい

子供が部屋の中から大声を出す。
この行為を、コントロール出来るような、出来ないような衝動もあると思います。
でも、その心理の根底には、

自分のことを分かって欲しい、という気持ちが強いのではないでしょうか。

大声を出して。

おそらく、その大声とは、長く言葉を発しているのではなく、短い言葉。
もしくは、「ワー」、「オー」等の叫び声ではないでしょうか。

大声を出す心理には、家族の注意をひく、注目して欲しい、気にしてほしい、分かって欲しい気持ちが
あるのではないでしょうか。

大声を出すことによって、訴えかけているのです。
そして、分かって欲しいのです。

誰に分かって欲しいか。

まずは、親でしょう。

親に振り向いて欲しい、分かって欲しい、理解して欲しいのです。
そして、求めているものが手に入らず
悲しみが、怒りへ転じているのだと思います。

具体的に何に怒っているのか、私には分かりません。
親に対して、学校、社会、どうしようもない自分に対して
様々です。

でも、分かって欲しいのです。
大声を出して、訴えているのです。
言葉にはならない
言葉で。

本当は、穏やかに話しがしたいのかもしれません。

子供の問題行動の解決策は、親子のコミュニケーション、関係性を上げること。
親からの話し合うきっかけを与えてあげることのように思います。

2 日中、過去の怒りを発散

子供が部屋から大声を出す。

もしかすると、日中に受けた出来事、それに対する、ぐっと耐えてきた、悔しさ、怒り。

そして、その日中の出来事を思い出し、怒りをこみ上げてきて、短い大声を出したり、部屋の中で物を投げたり、怒りりの発散行為をしているのかもしれません。

大人でも、日々に理不尽な悔しさがあれば、怒りを感じるも、その場では怒りを表現出来ず。
様々な場において、怒り、それに伴う、ストレスの発散をしているのではないでしょうか。

しかし、子供には、様々な場でストレスを発散する行為が出来ず。

その為、耐えた日中の場面を思い出し、怒りがこみ上げ、部屋の中で大声を出すという行為が生じるのだと思います。

怒りの発散。

健全な怒りの発散ではないかもしれませんが、部屋の中から大声を出すしか、怒りの発散の方法がないのでょう。

子供ですからね。

3 ネットゲームに熱中 興奮より

ネットゲーム等より熱中、興奮して部屋で大声を出す、叫んでしまうかもしれません。
私はネットゲームをしたことがないので、ゲームのおもしろさは分かりませんが。

ネットゲームは脳に強烈にダメージを与えることもあります。
ゲームじたいを否定しませんが、あまりにもゲームをし過ぎると
ネットゲーム依存、廃人に至ることもあるようです。

ネットゲームの文化は新しく、ネットゲーム依存治療の専門家も少ない。
ゲームはほどほどに。

関連記事