開業カウンセラーとは孤独な職業なのだろうか

多くの開業カウンセラーは、自営業であり、1人で業務をこなしていると思います。

私もかつては大阪で、開業カウンセラーの1人でした。

しかし、開業カウンセラーは、1人で業務をこなす自営業であり、開業カウンセラーとして活動をはじめると同時に、徐々に他者との関係性が薄れていきました。

その主な理由は、開業カウンセラーのカウンセリングルームに縛られている、時間的長さにあります。

開業カウンセラーが経済利得を獲得するためには、カウンセリング回数との比例となります。
当然、沢山のクライエントと会い、カウンセリングを実施した方が、カウンセラーの経済増に結びつきます。

しかし、クライエントの予約は2種類あります。
1つは、数日後のカウンセリングを予約。
2つめは、当日、至急のカウンセリングの依頼。

したがって、カウンセラーとしては、この2つの予約の在り方に対応しなければならず、事前にカウンセリングの予約の入っていない場合でも、カウンセリングルームから離れるわけにはいかず、当日の至急のカウンセリング予約、実施に備えていなければならないのです。

もちろん、ずっと、カウンセリングの予約が詰まっていることは珍しく(私の場合)、それでもルームで予約を待つ。

こうなると、カウンセリングルームに予約待ちとして縛られることとなり、外に出る時間が少なくなります。

また、カウンセリングだけではなく、心理学講座も企画、実施されているカウンセラーとなりますと、ますます、講座実施のため、1人で考え、作業する時間が必要となるでしょう。

私の場合は、開業カウンセラーとして活動をはじめて、今まで交流のあった人との関係は疎遠になってしまいました。

やはり、カウンセリングルームにいる時間が長かかったことが、一番の原因です。

解決策としては、夜、異業種交流会でも積極的に参加すれば良かったのですが、どうも私は、知らない人といきなり話す性格でもなく、参加は苦痛に感じました。

また、心理カウンセラーの倫理上、臨床での話しは出来ず、話題も今ひと合わず・・・。

結論。

私の経験になりますが、開業カウンセラーは、1人で業務をこなす自営業であり、孤独にならざるを得なかった。

今、振り返ると、このように思ってしまいます。