歓迎されたけど 期待はずれな子として

親の勝手な期待を満たさないため 期待はずれな子とレッテルを貼られる

私は誕生時、親や周囲に歓迎されて、生まれてきた子供であると知っています。
そして、大切にされたと思っています。

でも、成長とともに、期待はずれな子でありました。

親、とくに母の期待を満たすこと。
母の子供時のように、母(私からみた祖母)の期待した、勉強が出来、活発で、目立つ子にはなれませんでした。

今でも私の社交性は、さほど高くなく、活発な性格ではないと認識しています。
でも、本当に私は、そもそも不活発な子どもだったのでしょうか。

実は小学生 1年時、2年時の成績表を数年前に実家で見た時のことを記憶しています。
小学生低学年時は、京都市中京区に住んでおり、子供の数が少なく、1学年2組でした。

そして、1年時、2年時、クラス替えもなく、担任も同じでした。

成績表の横には、担任の先生のコメント欄があり、
次のようにコメントされていました。

1年時 クラスにも溶け込もうと、元気さも出てきている

2年時 おとなしい 元気がない もっと活発に

クラス替えもなく、いじめもなかった当時
なぜ、たった1年で、先生の評価は逆転したのでしょうか。

これは推測ですが、おそらく、母が、私がテストで低い点、評価の低い成績表を見せるたびに、私に厳しく、否定的に接した結果だと思います。

家での自己を取り巻く環境の変化は、学校での行動、態度、振る舞いにも影響しているのでしょう。

勉強が出来ない私は、母に怒られるたび、自分の心を閉ざしていったのでしょう。

これ以降、私が集団内で元気、活発であった記憶はありません。

でも、もともと私は元気な子供だったのかもしれません。
それが、親の養育態度により削がれたのでしょう。

さて、子供は親の期待を満たすために生まれてくるのではありません。
自分の人生を生きるために生まれてくるのです。

私は確かに、母の期待を満たす、活発で勉強の出来る子供ではありませんてせした。
でも、子供には子供の個性があり、親は子供の個性を見つけ、伸ばしてあげることが、子育てなのではないでしょうか。

私は親の期待を満たすことが出来ませんでした。
でも、それは、勝手に親が私に期待したこと。

さらに、私は親より、期待はずれな子としてのレッテルを貼られました。

母は私によく言っていました。
「あんたなんか、産むんじゃなかった」。

ここにも、親の身勝手さがあります。
私、産んでくださいと頼んだ覚えはありません。
親がお楽しみの後、勝手に生まれたのです。

もう1度書きます。
子供は親の期待を満たすために生まれ、存在するのではありません。

親よりも進化して。

新しい社会に調和して、自分の人生を歩むために、生きていくのです。

関連記事