過去の選択の後悔 「もし」 考え方を変えよう

私たちは人生において様々な選択しています。
私も、自分自身、様々な選択の決断をして生きてきました。

その中には、これで良かったのかな?
と思う、未だに疑問が残る選択もあります。

また、過去のある時点の行為の選択を思い出し、間違った選択をしたのではないかという思い、何か気持ちが晴れない、後悔の気持ちを抱き続けることを、私たちは日々経験しているのではないでしょうか。

例えば、過去に家を購入した場合。

「5年前、こんな家を無理して購入していなければ、今頃は高いローンに苦しまず、もう少し娯楽にお金が回せ、楽しい生活が出来ていたのに」
(5年前、家を購入しなければ、もう少し娯楽を楽しめたはずだ)。

この人は、家のローンで経済的に私生活に回ってくるお金が少なく、娯楽に回すお金が少ないことに、不満を抱いているのですが。

この場合、次のような、「もし」の考え方を取り入れることで、今に対する不満を解消出来るかもしれません。

「もし、5年前に家を買わなかったら、今頃は、音のうるさい、賃貸物件で、日々騒音に悩み、怒り狂って生活していたかもしれない。日々の騒音のストレスで、仕事どころではなかったかもしれない。それに比べて、今は静かに快適に暮らしている」。

こう考えると、今、家のローンで私生活、娯楽に費やすお金が少なくても、心の落ち着く、自分のマイホームを所有していることを再認識、快適な生活をしていることに、納得されるのではないでしょうか。

このように、過去の選択等において間違ったのではと疑問を抱き、そして、今の不満の状態を招いてしまったと後悔の気持ちに悩まれる際は

過去 ~~を選択したために 今は〇〇の状態で不満だ、という考えを
過去 もし、~~を選択しなければ、今の状況、状態は、もっと悪くなっていたかもしれない等

過去選択したことに対して、もし選択していなかったら、事態はもっと悪くなっていたかもしれないと予想して、考えをあらためるのです。
もし、選択していなかったら事態はもっと悪くなっていたかもしれないと考えるということは、今、現在は過去に選択したお蔭で良い状態であるということを示します。

そして、過去の選択と、今にOKを出すことが出来、思考、心が納得すれば、選択における鬱々とした気持ちも晴れることでしょう。

この方法は、次のことにも使えます。
(過去、選択しなかった結果(現状維持を選んだ結果)、今は不満だ)という考え方を変えるためにも使えます。

過去 ~~のチャンスを選択していれば、その結果、今の状態はよくなっていたはずだ。

⇒書き換え

過去 もし~~を選択しなかったからこそ 今は〇〇の状態で、何とかやっていけている。
もし、選択していたら、大変な状況に陥っていたかもしれない。

具体例
「3年前、100万円の投資を選択していれば、大儲けしていたはずだ」。
この考えを⇒
「もし、3年前、100万円の投資を選択していれば、投資に失敗して、今頃は、大損をして、悔しい思いをしていたかもしれない」。

これらは、過去、選択したこと、選択しなかったことによる、結果としての今の不満に対して、その、逆の選択行為を考え、その結果予想される、最悪の結果を考えることによって、今の状況、状態に納得しようとする試みです。

キーワードは、もし、です。

人が選択を過ったのではと悩む時、(~~選択していれば等)
それに対して、心が納得する、もしの書き換えは、以下のようになります。
2つの上例を参考にしてください。

A 「過去~~選択したために」(選択したことを否定中)
「過去~~を選択しなければ、今頃はもっと状態が良かったのでは」と後悔、悩み続けますが。
しかし、
「もし、過去~~を選択していなければ、今頃はもっと状態が悪くなっていたかもしれない」。

B 「過去~~を選択していれば」(選択しなかったことを否定中)
「過去~~を選択していれば、今頃はもっと状態が良かったのでは」と後悔、悩み続けますが。
しかし、
「もし、過去~~を選択していれば、今頃はもっと状態が悪くなっていたかもしれい」。

この思考方法は、過去の選択行為による疑問、「過去~~選択しために」、「過去~~を選択していれば」の後悔の気持ちに対して、より具体的に書くと。

「選択したことで悩んでいる人に対しては」
もし、選択しなかったら、今頃事態はより悪くなっていたかもしれない。そうならずに良かったと、今を肯定することが大切です。

「選択しなかったことで悩んでいる人に対しては」
もし、選択していれば、、今頃事態はより悪くなっていたかもしれない。そうならずに良かったと、今を肯定。

私たちは人生において様々な選択をします。
私も様々なことを選択して、生きてきました。

それでも、あの時の選択は・・・と思い、選択に対する後悔の気持ちを抱き続けることもあります。

しかし、人は過去に戻ることは出来ず、選択をやり直す機会は少なく、過去の選択にこだわっても、その選択をした過去の時点に戻ることは出来ません。

過去の選択、そして、その結果は、今につながる事実と、未来のみなのです。

選択した結果、本当に望まぬ事態に陥ってしまったとしたら、再度、選択しなおせば良いのです。
場合、事情によっては、相応の努力、奮起が必要となるかもしれませんが。

また、過去の選択の結果は、考えても分からないことも多々あります。
したがって、過去の選択への疑問に、こだわることなく

これからをいかに生きるか、今と未来に焦点を合わせ続けませんか?
その方が、納得、建設的な人生を送れるのではないでしょうか。