子供の進化 親と現社会を超えて生きる

子供とは親を超えて進化、成長するものです。
これは、私たち、人類、ホモ・サピエンスの進化論から考えても、異論はないのではないでしょうか?

私はこの、子供の進化について、学歴、年収、容姿等について、書いているのではありません。

子供の進化とは親が暮らしていた社会より進化した社会に適応すること

我々はその時々のテクノロジー、文化の中に生きています。
そして、文化が違うと生き方、価値観、嗜好等、様々なものが変化します。

子供達は、親世代とは違う、文化、社会に生きるのです。
すなわち、生き方、価値観、嗜好、様々なものが過去と違って変化し、その変化した社会の中をで生きていくのです。

この新しい、進化、文化、ウェーブ、テクノロジーに乗って生きることこそ、親は子供を超えて生きるのです。

新しい文化において、親が子供に対して、親世代の生き方、価値観を振りかざし、強制、子供に押し付けると、子供は新しい文化の中、生きることが難しくなり、他者とも共生出来ず(新しい文化に馴染んだ他者)、孤独になったり、ひきこんでしまったりしてしまうかもしれません。

親は親世代の文化を生きてきました。その当時の価値観、テクノロジーを活用、学歴社会を生き、寄らば大樹の陰の如く、大企業に入れば、一生安泰の価値観、このような生き方ではなかったでしょうか。

それは、それでいいのです。
親はその親より、先代の生き方、価値観を覆して、新しく進んだ文化、社会の中を懸命に生きてきたのですから。

しかし、考えてください。

子供には、さらに、新しい文化社会が到来しています。
新しいテクノロジー、AIとの競争、個性化の時代、格差社会。
彼らは、この新しい時代、社会、文化を賢明に生きなければならないのです。

そして、懸命に生きるからこそ、子供は親を超え、存在するのです。
新しい時代を、望むと、望むべからざず、その新しい時代に適応して生きなければならないのです。

もう数年経てば、AIを中心とした、第4次産業革命がやってくるでしょう。
私たちが経験したことのない、新しい、厳しい時代が到来します。

AIとの共存、AIを活用出来る企業と、活用出来ない企業格差。
さらには、ルーティンワークのAI化。
仕事のない時代へ突入。

子供たちは、親世代には到底理解出来ない時代を生きなくてはならないのです。

そして、その時代、社会を生き、存在することこそ、子供は親より進化発展するのです。

各々が進化変化する、時代、時代を懸命に生きてこそ、人類、ホモサピエンス、人は進歩するのではないでしょうか?

間違っても、親は自分が生きた時代の価値観を子供に植え付けよう、従わせようとしないことです。

何もかもが変わっていくのです。

新時代に旧人類の価値観を抱かせては、生きにくいだけだと思います。

関連記事