雑談 最初の話題の難しさ

初対面の方と、いきなり内面の深いお話し等される方は、カウンセリングの場を除いておられないことでしょう。
初対面の方については、相手がどのような人か分からず、果たして、信頼出来る人か、信頼出来そうもない人か等、分からいことも多々あります。

雑談とは非常に大切なもので、とくに初対面の人と関わる場合は
お互いが、お互いのことを知りません。
したがって、雑談を通して、知り合うことになります。
そして、最初の雑談から、今後のお付き合いの長さ、重要性さえも決定されることがあるのです。

雑談とは、初対面の方との相性、価値観等を知る、重要なきっかけの場なのです。

では、どのようにして雑談をスタートさせたらよいのでしょうか?

お互いが、お互いを知るには、質問をして、相手に話して頂き
また、自分も自分の話しを少しする。
こんなところから、スタートではないでしょうか。

でも、悩みます。
何を質問して、聞いたらいいのだろう?

何でもいいと思いますが
初対面の方に、いきなり聞かない方がいいのではないかと思うこと。

相手のプライバシーに深く関わることは、いきなり聞かない方がいいと思います。
例えば、仕事(失業中かもしれません)、結婚(離婚したばかりで傷ついた心の状態かもしれません)。

でも、これを考え出すと、質問することじたいが難しくなってきます。
私も、ここまでしか書けません。

また、

自己紹介をかねて、質問をすることは、会話のスタートとしては好ましと思います。

例えば
私の趣味はテニスですが(自己紹介)
あなたの楽しみ、趣味は何ですか?(質問)

あまり深く考えずに、会話はスタートした方がいいでしょう。
こんなことを質問、聞くと、失礼ではないか?
考えても分かりません。

参考までに、
私が雑談で、初対面の人に質問するとしたら

趣味⇒お休みの日は何をされていますか?
住んでいるところ⇒どちらにお住まいですか?

この2点です。

また、今話しかけていいのか分からないと、悩まれるのであれば
⇒今、お話ししても大丈夫ですか?
と、相手の許可を頂く方法もあります。