本当に雑談は必要なのか 仕事における雑談の効果

私たちはよく、雑談の重要性を解きますが?

本当に雑談、たわいのない話し、一見どうでもよい話し、さほど内容のない話し、これらの話し、雑談を行う必要があるのでしょうか?

人によっては、雑談等、無意味な話し、時間の無駄と思われておられるかもしれません。

また、雑談は個人の趣味も大きく関わっていますので、以外と話しを続けるのが難しいしいことも事実です。

この、ややこしい、雑談。

どこまで、雑談を行う必要があるのでしょうか。

本当に雑談とは必要なものなのでしょうか?

では、このテーマを進める前に。

もし、雑談がなければコミュニケーションは、どのようなものになるでしょうか。

おそらく、用件のみの、味気ないコミュニケーションとなるかもしれません。

それでも、問題はないかもしれません。

しかし、私たちは感情の生き物であり、好き嫌いも多々あります。

用件、1つを誰かに頼むにしても、「こいつは好かん」、「あいつうっとうしい」と内心思っている人、または、思われているであろう人に、用件等頼みやすいでしょうか。また、頼んだとしても、引き分けてもらえるでしょうか?

なかなか、心理的抵抗がありそうですね。

さて、ここで、雑談の効果です。

普段から、たわいもないコミュニケーション、一見無駄、意味がないとも思えるコミュニケーションを積極的に行い続けていると、結果として相手を知ることにつながり、良好な人間関係に発展する場合もあります。

また、信頼関係が生じることもあります。

マイナス点としては、相手との相違点から好き嫌いがはっきりと生じる。

しかし、雑談とは良好な人間関係を築くためには欠かせないものであり、良好な人間関係が生まれて、仕事の用事等、少し遠慮しながらも、気安く頼める事も多々生じます。

もし、雑談による人間関係が築けれていなければ、仕事の用事さえ、何か頼みにくい、相談もしにくい、その結果、1人で仕事の悩みを抱えてミスをする可能性もあります。

このように、雑談による良好な人間関係を築けていなければ、仕事への影響も大きくなるのです。

雑談とは個々人の個人的なことをテーマにした内容が多く、話題を広げるのは難しいことも多々あります。

しかし、雑談なくしては、人間関係は築けない。

そして、仕事にも大いに影響する。

近年、日本の孤独化がクローズアップされていますが、孤独を防ぐためにも雑談は有益であり、人生そのものにも、大きく影響すると思っていいのではないのでしょうか。