大切な人へのプレゼント選び あまり考え過ぎないこと

大切な人ヘのプレゼント等を選ぶ時、考え過ぎに陥っていることはありませんか。

どのような商品にしようか。
価格との関係性。

今はネット社会においては様々な商品が溢れています。

プレゼントを決める時は、商品の種類を絞り込む(服にするか、靴にするか、宝石か等)、商品の種類を決めることは、さほど時間がかからないかもしれません。

また、価格については、支払い限度は各自によって違うでしょうが。
価格を決めることも(支払い限度額)、物理的な問題から、さほど時間はかからないでしょう。

商品の種類と、価格。
問題はこの後です。

例えば、靴と決めたならば、どのような、靴を選ぶか。

ネット内における、膨大な商品から、どのような、具体的商品、靴を選ぶか。

検索を見だすと、きりがありません。
通販サイトじたい多々あり、商品の色、デザイン、機能も、いろいろと気になります。

本当に大切な人は、自分が選んだプレゼントを喜んでくれるのか。

商品が溢れかえって掲載されている分だけ、あれか、これか、人によっては悩み続けることに陥るかもしれません。

でも、何をそこまで慎重に、悩み過ぎているのでしょうか。

もしかしたら、
自分の選んだプレゼントが気に入ってもらわなければ、どうしよう。

嫌われてしまうのではないか等
それとも、理由は分からいないどバクバクとした不安
漠然とした不安から悩まれているのでしょうか。

その不安は分かります。

でも、あなたが選んだプレゼントを、大切な人が、心からどう感じているか、それは分からないのではないでしょう。

なぜなら、あなたが大切に思っている人ならば、相手もあなたのことを大切に思っているはずです。

そうであれば、あなたのプレゼントが残念ながら、少し自分の好みと違ったとしても、プレゼントを贈って頂いた気持ちを大切に、あなたに、喜んだ様子で感謝の言葉を述べられるでしょう。

お互い、信頼し合っている仲。
相手が、少し好みと違う商品(プレゼント)ではないと感じられても、不快そうな顔、嫌みを言われること、嫌われることはないと思いますよ。

したがって、大切な人へのプレゼント選び。

どこかの時点で、これがいいと思うのかあれば、その商品を購入、プレゼントしてあげることです。

あまりにも、プレゼントの商品選びで悩み過ぎ、通販サイトを見過ぎた結果、寝不足、ノイローゼにでもなったら大変です。
さらには、日々、プレゼント、商品のことばかり考え、神経症のような状態になってしまうかもしれません。

「エイヤー」の気持ち、踏ん切り、決断を大切に、プレゼントを選び、贈ってあげましょう。

心は通じるでしょう。

悩み過ぎには注意、考えても分からないことは分からない。
あなたの思っている不安は起こらないと思うことです。

それよりも、大切な人の笑顔を常に想い、プレゼント選びを楽しみましょう。